肌を整えるにはベビーワセリンを使用するのが一番|肌トラブルを予防

今流行中です

クリーム

ノロウイルスは、まだ解明できていない病です。症状を緩和するには、対処療法しかない現状なので、うがい・手洗い、消毒などが大切です。感染力も高いので、嘔吐物・便の処理が鍵となります。小さな子や高齢者がいる場合は、特に十分な予防が必須です。

More...

お肌の万能薬

赤ん坊

ワセリンとは何か

乾燥したときの万能薬「ワセリン」や「ベビーワセリン」はご存知でしょうか。ワセリンは、お肌に対する刺激がほとんどなく、赤ちゃんからお年寄りまでだれもが使える保湿薬です。また保湿が主となる作用のため、薬の副作用がなく、安心して毎日使えます。ワセリンは、何からできているか不安に思う方がいるかもしません。ワセリンの原料は石油で、それを高純度に生成してつくられています。石油というのは、海いた生き物や土や泥などが、何千万年という長い時間をかけて、バクテリアと地熱により変化したもののことです。「石油」というとまるで人工物のように聞こえますが、自然のなかで生まれたものなのです。また、ワセリンにはいくつかの種類があります。まずは黄色ワセリンです。こちらは、お値段が安いですが、比較すると純度が低くなっている黄色いワセリンです。医薬品の扱いではありません。次に、白色ワセリンです。黄色ワセリンより純度が高く、医薬品としても販売されています。次に、白色ワセリンソフトや、ベビーワセリンです。黄色ワセリンや白色ワセリンよりも、もっと安全な精製方法で作られた、チューブタイプのワセリンです。

ワセリンの効果

このベビーワセリンが、大変人気です。ベビーワセリンが、普通のワセリンよりもさらに純度が高いため、柔らかくて伸びやすく、塗りやすいのが一つの理由です。普通の白色ワセリンは、保湿効果が高いのですが、ちょっと硬いので、薄く延ばしにくいのいう点がありました。また、白色ワセリンのように、手ですくい取るようなタイプの容器に入っておらず、チューブタイプで直接手に触れないため、衛生面でも安心です。また空気に触れる面積が少ないので、酸化防止にも役立ちます。ワセリンやベビーワセリンはあらゆるシーンで使えます。カサカサ唇、お風呂上りのお肌の保湿、爪の甘皮のケア、かかとやひじのひび割れ、赤ちゃんのおむつかぶれ、赤ちゃんの耳切れのケア、むしさされなどにも良いです。また、アトピーの方が、ステロイドを塗っていったんよくなった後にも、その後のケアとして毎日ワセリンを使うことで、バリア機能を高め、トラブルがおこりにくい肌にすることができます。

気を付けることで防げる

クリーム

ノロウイルスは寒い時期になると流行りはじめます。そのため、感染者が出てきたときには、トイレや床などをしっかりと除菌して対策をする必要があります。特に、接触感染や飛沫感染などもあるので、マスクをしたりして汚物を触るときには手袋もしなければなりません。

More...

ナチュラルなスキンオイル

手

白色ワセリンは肌に優しい天然性の成分で作られたスキンオイルで、乾燥を防ぐためにつけると肌に良い効果を引き出します。顔や体の皮膚に限らず、唇につけるのにも良い効果を引き出し、メイクと一緒につけると潤いを保っていくことができるようになります。

More...